思わず、自己アピールしすぎた婚活パーティー

私は、20代の後半頃に頻繁にお見合いパーティに行っていました。婚活パーティには、年収の設定があったり、職業が医師とか専門的な職業に特定されていたりするものもあって、私自身が当時はアピールするものが自分では積極性や社交的な要素だけだったため、ついつい派手な格好をして行って浮いてしまったり、女性としては敬遠されてしまったりと失敗続きでした。一緒に参加した年上の友人は、私とは間逆のタイプであまり元気に振舞うのではなく、大人の女の落ち着きをかもし出していたためか、私よりもずっと男性受けがよくてたくさんの男性からアピールされていました。

 

何度か、失敗した経験をなんとか生かそうとあまり目立たない服装をするようにしたり、おとなしい女性を装ってみたりしましたが、そのたびに不発に終わりました。
そして、30歳を過ぎた頃も時々また懲りもせずに婚活パーティーに参加して、男性の誘いを受ける時もありましたが、もう自分に無理するのはやめようと思って、自分の好きな服装をして自分のしたいようにすると割り切って参加をすることにしました。すると、今度は自分の好きなタイプの男性があちらの方から近づいて来てくれるようになりました。私はその頃は、どうしても今すぐ結婚したいという気持ちが薄くなっていたため、わざとらしく女性らしく振舞ったりして自分を装う感じもなかったので、きっと周りの男性が近寄りやすかったのでしょう。

 

結局、その頃に出会った男性の一人とお付き合いすることになり、その後にその彼と結婚しました。スケベ心丸出しの男性がいまして
今になって考えると、無理をして装っている自分に惹かれてきた男性と付き合わずにありのままの自分で良いと思って寄ってきてくれた相手と結婚して本当に良かったと思っています。

 

無理に自分を着飾って婚活パーティに参加していた頃の自分を想いだすと、なんだか懐かしいですが、少し気恥ずかしく思います。
婚活4

 

トップページ