どのパーティーに行く?開催地のリサーチは重要。

お見合いパーティーは全国いろいろな都市で開催されていると思いますが、どんな人が来るのか、土地柄リサーチは大変重要になります。
私は女性ですが、男性の人格形成において多大に影響するのが職業だと思います。年収がいくら、とか学歴がどうとか、出世しそうかとかそういうことだけでなく、どういう地域でどういう仕事をしているか、そういうものが女性以上に人格に影響するのが男の人だと思います。
私は3つの都市の婚活パーティーに参加し、その土地土地の男性と出会いました。どの都市も新幹線の停車する駅を持つ都市ですが、人口がそれぞれ11万人、70万人、300万人とレベルを分けて比較していきました。
婚活13

 

まず11万都市では企業誘致もされてはいますが、企業に勤める方は早々に結婚されているのでしょうか、参加された方は、農家さんや漁師さん実家の商店を継いでいる方などが主流でした。

年齢層も制限がなかったということもあり、かなり上でした。また、女性と会話すること自体に慣れていなくて、最初の会話のとっかかりからこちらがリードする始末でした。自営業の男性が嫌というわけではありませんが、もう少し女性に気配りできるくらいの経験値を持っていてほしかったというのが本音です。

 

次に70万都市。

こちらは地方都市ですが企業数も増えてきて、サラリーマンの参加も多かったのです。しかしどうしても高卒という学歴の方が多く、地元に残って就職をしたという経歴の方が多かったです。私は四大卒で、先方が気にならなければ私は高卒の方でもOKだったのですが、どうしても引け目を感じられてしまったようです。会社にも女性社員がいらっしゃったりするのか、11万都市の方たちよりもスムーズに会話をしてくださる男性が多かったです。

 

300万都市。

こちらの男性陣はとにかくお話しが上手でした。女性とおしゃべりする経験も多いのでしょう。会話のリードも上手でスマートな印象の方が多かったです。会社員とおっしゃる方が多く、年収もこれまでの都市の中ではトップでした。ただ、こういったパーティーが頻繁にあるのかとても慣れた方が多く、軽い感じがありました。

 

人口だけではその都市の個性は測りかねますが、企業勤めか、都市部での生活経験があるかどうかというのは、その人の女性経験値に直結しています。女性経験のない実直な男性がいいという方は11万都市へ、おしゃれなデートがしたいという方は300万都市へ、その中間がいいなという女性は70万都市へ。自分の理想とする男性がいそうな地域をまずは選ぶことができるだけ早く伴侶を見つけるコツではないでしょうか。
ちなみに私は300万都市で出会った方と結婚しました。