スケベ心丸出しの男性がいまして

婚活パーティーは出会いの場なのであまり文句を言ってはいけないと分かってはいるのですが、それでもやはり言いたくなってしまうことがあります。
直接的に何かされたわけではないのですが、嫌だなと思う人はいました。
それは、いかにも若い女の子目当てというおじさんです。
婚活9
自分と同じくらいの年の女性には興味がないというかんじで、失礼だなと思ってしまいました。
しかもその女性に向って、おばさんと言うのです。
自分だっておじさんでしょと思うのですが、どうやら自分は若いつもりでいるみたいです。
自分のことがまるで分かっていないと言いますか、なんか痛いなと思ってしまいました。
しかもスケベ心丸出しというかんじで、気持ち悪かったです。

 

話しかけられたときも、気持ち悪くて仕方なかったです。
睨みつけたら退散して行きましたが、あの目つきは未だに忘れられません。
明らかに、下から上を見て値踏みしているのです。

 

しかもその人が気に入ったと思われる人はみんな胸が大きいかんじの人たちで、よりいっそう気持ち悪いと思いました。
美人狙いのほうがよほどマシだとそのときは思ったのですが、美人を狙ったらそれはそれで気持ち悪いと言っていたのかもしれません。
その女性たちはもちろん拒否していましたし、逃げるように別のテーブルに行っていました。
男性陣も、あれはないよなというかんじでしたね。

 

そう思われていることを承知なのか全く分からないのか、その男性はやはり若い女性のところに行きまくっていました。
こんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、いかにもスケベ親父というかんじだったので、それが尚更嫌悪感に拍車をかけていたような気がします。
その人のことが嫌な意味で気になってしまい、パーティーに集中出来ませんでした。
男性とも話したはずなのですが、内容なんて覚えていないくらいです。